ことでんでレトロ電車と1070形の4連運転

ことでんでレトロ電車と1070形の4連運転

高松琴平電気鉄道では,2018(平成30)年5月6日(日),琴平線で『レトロ電車特別運行』として琴電琴平方からレトロ電車(23号+500号)+1070形(1073+1074号)の4両編成が,高松築港→琴電琴平→仏生山間で運転されました.
 レトロ電車が定期列車で使用されていたころはよく見られた組合わせですが,現在ではレトロ電車と一般車両を連結して運転されることはなく,非常に珍しい編成であり,沿線には多くの鉄道ファンが詰めかけました.
 なお,仏生山到着後はレトロ電車のみの4両編成となり,高松築港→琴電琴平→高松築港→仏生山間で運転されました.また,琴電琴平到着後は23号+500号が琴電琴平—滝宮間を1往復しています.

写真:羽間—榎井間にて 2018-5-6

掲載

鉄道ファン2018年7月号