相鉄,2018年度の設備投資計画を発表 相鉄・JR直通線用の新形車両12000系を導入へ

相模鉄道9000系リニューアル車

相鉄グループでは,2018年度に鉄道事業とバス事業において,総額126億円(鉄道事業115億円・バス事業11億円)の設備投資を実施すると発表した.
 鉄道事業では,相鉄・JR直通線用の新形車両「12000系」を1編成10両導入する.9000系は,「デザインブランドアッププロジェクト」の取組みとして,車両リニューアル(車体の「ヨコハマネイビーブルー」塗装化,座席のバケット化,車内案内表示の液晶画面化など)を進めており,5編成目となる1編成10両のリニューアルを予定している.8000系は,VVVFインバータ装置とSIV補助電源装置などの交換工事を2編成20両に実施する.また,空調システムの改良を1編成10両に実施し,車内環境の快適性向上を図る予定.
 全駅へのホームドア設置(2022年度末完了予定)に向けた準備工事として,ホームの補強や列車定位置停止装置(TASC)などの準備工事を実施する.ホームドアは,2019年度末までに海老名駅,2020年度末までに二俣川駅,大和駅,湘南台駅に設置される予定.
 2002(平成14)年度から進めている相模鉄道本線(星川駅~天王町駅)連続立体交差事業については,星川駅と天王町駅を含めた約1.8kmの上り線を高架化し,9ヵ所の踏切を廃止する.
 このほか,「デザインブランドアッププロジェクト」の統一コンセプトにもとづき,西横浜・緑園都市・弥生台・二俣川・海老名の駅舎リニューアルや,ホーム待合室,行先案内表示装置の新設,トンネルの内部改修,変電所設備の更新などが実施される.

写真:相模鉄道9000系リニューアル車  編集部撮影  厚木駅構内にて  2016-4-6(取材協力:相模鉄道)

掲載

鉄道ファン2018年10月号