西武新101系249編成が多摩川線へ

西武新101系249編成が多摩川線へ

西武鉄道では,101系249編成(クハ1249+モハ249+モハ250+クハ1250)が登場時のイエロー×ベージュ色となり,2018(平成30)年3月24日(土)から多摩湖線で運転されてきました.4月18日(水)から多摩川線で運転される予定で,4月14日(土)から15日(日)にかけて小手指→新秋津→新座(タ)→八王子→武蔵境の経路で甲種輸送されました.西武線内は玉川上水車両基地所属の新101系263編成,JR線内は新鶴見機関区所属のEF65 2085がそれぞれけん引しました.
またこれと入れ替わる形で15日(日)には新101系241編成(クハ1241+モハ241+モハ242+クハ1242)が武蔵境→八王子→新秋津→小手指の経路で甲種輸送されています.

写真:立川—日野間にて 2018-4-14

掲載

鉄道ファン2018年9月号

鉄道ファン2018年9月号(通巻689号)
発売日:2018年7月21日
特別定価(本体1139円+税)