奥羽本線山形—北山形間で桜開花にあわせた減速運転

奥羽本線山形—北山形間で桜開花にあわせた減速運転

山形市内にある山形城跡「霞城(かじょう)公園」には,約1500本の桜が場内に植えられ,山形駅から近いこともあって,市内有数の桜の名所です.
 奥羽本線は山形—北山形間で同城外堀のすぐそばを走っており,JR東日本仙台支社では,開花時期に同区間を通過する奥羽本線(山形線)・仙山線および左沢線の列車について,速度を落として運転しています.今年2018年は4月10日(火)から22日(日)までの予定で,昼間時間帯のほか,ライトアップにあわせて夜間にも減速運転が行なわれます.
 4月14(土)・15日(日)の週末にかけて当地の桜が見ごろをむかえ,両日はE3系700番台“とれいゆつばさ”の運転も行なわれ,おおぜいの乗客・見物客が車内外から花の盛りを楽しんでいました.

写真:北山形—山形間にて 2018-4-14

掲載