長崎電軌,8月1日から13電停の名称を変更

長崎電気軌道は,2018(平成30)年8月1日(水)から,一部電停の名称変更を実施すると発表した.
 この変更は,沿線の観光施設などを停留場名称に変更するもの(松山町,築町など).乗り場が分かれている同名停留場を,別停留場とするもの(西浜町),停留場名と現況とのかい離を解消するもの(公会堂前,市民病院前),「〇〇前」「〇〇下」を施設名のみとして,最寄り施設を明確化するもの(長崎大学前など)など,13電停で実施される.
 名称が変更されるのは,長崎大学前→長崎大学,浦上車庫前→浦上車庫,松山町→平和公園,浜口町→原爆資料館,大学病院前→大学病院,築町→新地中華街,正覚寺下→崇福寺,賑橋→めがね橋,諏訪神社前→諏訪神社,市民病院前→メディカルセンター,大浦天主堂下→大浦天主堂,西浜町(アーケード入口)→ 浜町アーケード,公会堂前→市民会館で,西浜町については,築町寄り1・5系停留場は西浜町のまま変更せず,市民会館については,長崎新市庁舎完成時に「市役所(仮称)」へ変更される予定となっている.

掲載

鉄道ファン2018年9月号

鉄道ファン2018年9月号(通巻689号)
発売日:2018年7月21日
特別定価(本体1139円+税)