クハ481形100番台仕様のボンネットヘッドマーク撮影会開催

クハ481形100番台仕様のボンネットヘッドマーク撮影会開催

土居原ボンネット広場では,クラウドファンディングによるクハ489-501の復元作業を行なっている修復の現状報告を兼ねた撮影会が,2018(平成30)年3月31日(土)・4月1日(日)に開催されました.
 1日目には先頭部のスカートが赤色で製造された,1971(昭和46)年当時のクハ481-109の姿が再現され,短期間ながら青森運転所に配置され,仙台電車区に貸し出されていたころの特急“ひばり”や,向日町運転所へ転属後の特急“雷鳥”・“つばめ”などの文字マークが5分間隔で掲出されました.1日目撮影会終了後にはスカートをクリーム色にする作業が行なわれています.
 なお,車体整備は2月の大雪により大幅に遅延しているものの,現在も鋭意作業中となっています.

写真:土居原ボンネット広場にて 2018-3-31

掲載

鉄道ファン2019年2月号