東武,3月29日から「東武線アプリ」の配信を開始

運行情報マップ

運行情報マップ

発車時刻表示

発車時刻表示

列車走行位置

列車走行位置

東武鉄道は,2018(平成30)年3月29日(木)から,スマートフォン向け公式アプリ「東武線アプリ」の無料配信を開始すると発表した.
 おもな機能は,運転見合わせなどの発生時に,プッシュ通知により列車運行情報を提供するほか.運転見合わせ・遅延区間や振替輸送による迂回経路などについてマップ形式で表示する.また,ふだん利用する駅を10駅まで登録でき,発車時刻の一覧表示や,各列車を選択することで,当該列車の停車駅と到着時刻を表示する.
 東武線・越生線については,列車走行位置機能を表示するとともに,表示される列車を選択することで,当該列車の列車種別,行先,遅れ時分を表示する.また,東上線池袋駅構内のトイレ個室空き情報も提供する.
 経路・運賃検索は,検索時に列車ごとの平日混雑状況の目安についても表示する(一部区間).検索範囲は東武線のほか,東京メトロ日比谷線・半蔵門線・副都心線・有楽町線,東急田園都市線・東横線,横浜高速鉄道みなとみらい線,JR線直通特急列車(時刻表データ非対応),野岩鉄道線,会津鉄道線,東武バス(一部区間除く)が対象となる.

写真:東武鉄道のニュースリリースから

掲載

鉄道ファン2018年9月号

鉄道ファン2018年9月号(通巻689号)
発売日:2018年7月21日
特別定価(本体1139円+税)