キハ40 1720「道北 流氷の恵み」が公開される

キハ40 1720「道北 流氷の恵み」が公開される

JR北海道は,キハ40形を改造した「北海道の恵み」シリーズ車両のうち,道北エリアで運転される「道北 流氷の恵み」をこのほど公開した.
 「北海道の恵み」シリーズ車両はキハ40形4両を改造するもので,外観は北海道各エリアの特色をイメージしたものに変更,客室には木目材料が使用されている.今回,公開された「道北 流氷の恵み」はキハ40 1720を改造したもので,宗谷本線旭川—音威子府間・石北本線旭川—網走間・函館本線旭川—滝川間・根室本線滝川—富良野—東鹿越間・富良野線旭川—富良野間・釧網本線網走—緑間で運用される.

キハ40 1720「道北 流氷の恵み」が公開される

 今後,キハ40 1779を改造した道東エリア(根室本線新得—釧路間)向けの「道東 森の恵み」が4月ごろに,キハ40 1809を改造した道南エリア(函館本線長万部—函館間)向けの「道南 海の恵み」が6月ごろに,キハ40 1780を改造した道央エリア(室蘭本線長万部—苫小牧—岩見沢間・石勝線千歳—夕張間・函館本線岩見沢—滝川間・日高本線苫小牧—鵡川間)向けの「道央 花の恵み」が7月ごろに,それぞれ登場する予定.

写真はすべて加藤 勝撮影  苗穂工場にて  2018-3-27(取材協力:JR北海道)

掲載

鉄道ファン2019年1月号

鉄道ファン2019年1月号(通巻693号)
発売日:2018年11月21日
特別定価(本体1139円+税)