代々木上原—梅ヶ丘間,3月3日から複々線に

現在の工事状況

現在の工事状況

現在の工事状況

現在の工事状況(世田谷代田駅)

小田急電鉄は,東京都と進めている小田原線(代々木上原—梅ヶ丘間)の連続立体交差事業および複々線化事業について,2018(平成30)年3月3日(土)から複々線の全面使用を開始すると発表した.
 この開通により,東北沢・下北沢・世田谷代田の3駅では,新たなホームの使用を開始するほか,今回の複々線完成区間を含む代々木上原—登戸間の複々線を活用したダイヤ改正を,2018(平成30)年3月17日(土)に実施し,ラッシュ時間帯における混雑緩和や所要時間の短縮など抜本的な輸送改善を図る(ダイヤ改正の内容は鉄道ニュース11月1日掲載記事を参照).
 東北沢は,現在の仮設ホームを撤去し,内側線2線のホームの使用が開始される.また,ホーム上には固定柵が設置される.下北沢は,現在使用しているホームに加え,新たにその上部(地下1階)のホームの使用が開始される.地下1階ホーム上には固定柵が設置される.世田谷代田は,現在使用している仮設ホームを廃止し,その上部で現在コンコースとして使用されている地下1階のホームの使用が開始される.こちらもホーム上には固定柵が設置される.

3月3日(土)から3月16日(金)までの下北沢駅ホームの利用形態

3月3日(土)から3月16日(金)までの下北沢駅ホームの利用形態

3月17日(土)からの下北沢駅ホームの利用形態

3月17日(土)からの下北沢駅ホームの利用形態

 下北沢駅ホームの利用形態については,複々線開通後の3月3日(土)から3月16日(金)までの間,地下1階が各駅停車用ホーム,地下2階が急行などの優等列車用ホームとなり,3月17日(土)のダイヤ改正以降は,地下1階上りホームに千代田線直通の急行・準急・各駅停車(平日朝方は千代田線直通の通勤準急)と新宿行きの各駅停車,下りホームに準急・各駅停車が停車,地下2階は,上りホームに新宿行きの快速急行・急行(平日朝方は通勤急行),下りホームに快速急行・急行がそれぞれ停車する.なお,始発から6時まで,0時10分から終電まではすべての列車が地下1階のホームに停車する予定.
 なお,3月3日(土)から3月16日(金)の間は,各駅の発車時刻などに変更はない.

写真はいずれも小田急電鉄のニュースリリースから

掲載

鉄道ファン2018年10月号