小湊鐵道キハ5800が屋外展示される

小湊鐵道キハ5800が屋外展示される

小湊鐵道では,2017(平成29)年8月28日(日)に,創立100周年記念の一環で,五井機関区にて静態保存中のキハ5800の屋外展示,一般公開撮影会を行ないました.
 この車両,もとは買収国電の1両で1914(大正3)年製造のデハニ6465が種車です.その後荷物車モニ3009となり,三信鉄道(現・飯田線)に譲渡されました.さらに,鋼体化されてデ301に.そして,国有化されて電装解除によりクハ5800になり,1960(昭和35)年に小湊鐵道へ譲渡されました.
 小湊鐵道入線後は,気動車化されキハ5800となり,1997(平成9)年3月に除籍されました.除籍後も倉庫代用として,今まで残っていました.

写真:五井機関区にて 2017-8-27

掲載

鉄道ファン2019年3月号