JR東日本,「TRAIN SUITE 四季島」の運転開始に合わせて上野駅を整備

JR東日本は,2017(平成29)年5月の「TRAIN SUITE 四季島」の運転開始に向けて,起終点となる上野駅を整備すると発表した.

プロローグ四季島の外観

プロローグ四季島の外観

ラウンジ室内

ラウンジ室内

乗客専用のスペースとして,ラウンジ「プロローグ四季島」が「TRAIN SUITE 四季島」が入線する上野駅13番線ホーム上に設置される.「プロローグ四季島」は,出発までの時間を使い,乗客とこれからの旅へ誘うクルーやスタッフとの語らいの場所として使用するほか,列車帰着後にはフェアウェルパーティが開催される.

専用ホームのエントランス

専用ホームのエントランス

専用ホーム内乗降口

専用ホーム内乗降口

また,「TRAIN SUITE 四季島」乗客のみが使用する専用ホーム(通称:「新たな旅立ちの13.5番線ホーム」)も設置される.ホームは13番線と14番線の間に新設され,列車が13番線に入線後,乗客は「プロローグ四季島」からクルーの案内により,専用ホームに入場し,5号車のラウンジカーにあるエントランスから「TRAIN SUITE 四季島」に乗車する.

写真はいずれもJR東日本のニュースリリースから

掲載