紀州鉄道でKR301が営業運転を開始

紀州鉄道でKR301が営業運転を開始

2015(平成27)年10月3日(土)に信楽高原鐵道での運行を終了したSKR301は,紀州鉄道に譲渡後,各種整備が行なわれ,2016(平成28)年1月30日(日)に紀州鉄道KR301として営業運転を開始しました.
 車両外観は基本的に信楽高原鐵道時代と大差ありませんが,車体側面にあった「SKR」ロゴとたぬきのイラストは消され,代わりに御坊市の「宮子姫」ロゴが張り付けられています.
 営業運転初日は,14時30分から紀伊御坊駅にて記念式典があり,式典後は来賓を乗せた臨時列車が紀伊御坊—御坊間を1往復しました.その後,西御坊15時45分発の御坊行きから,営業運転を開始しました.
 また紀伊御坊駅脇のスペースでは,14時から紀州鉄道や信楽高原鐵道の各種グッズ販売なども行なわれ,多くの方でにぎわっていました.

写真:紀伊御坊にて 2016-1-31

掲載

鉄道ファン2018年12月号