近鉄16400系が車体更新を終えて運用復帰

近鉄16400系が車体更新を終えて運用復帰

近鉄では,南大阪・吉野線用特急車16400系(YS01編成)が車体更新され,2015(平成27)年3月25日(水)の1909列車から運用を開始しました.
 車体更新工事により,16600系同等の設備となり,喫煙コーナーの設置・前照灯の高照度LEDへの変更・電気連結器の変更およびそれにともなうスカート形状の変更・先頭連結部の注意喚起装置の設置および26000系「さくらライナー」リニューアル車同様に座席・内装・トイレおよび洗面台の変更が行なわれています.

写真:高田市にて 2015-4-12

掲載

鉄道ファン2018年12月号