箱根登山鉄道3000形

雨の日の多いこの季節の日本.カメラを持って出掛ける足も鈍りがちですが,この季節だからこそ訪れたい場所が,首都圏にほど近い箱根にありました.「あじさい電車」の異名を持つ箱根登山鉄道です.今年は新鋭3000形の初登板も予告されていたため,多くのファンが注目していたのですが,プロカメラマンの目黒義浩さんもその一人.噴火警戒状況の変化で運転日が例年よりも少なくなってしまいましたが,今年も「夜のアジサイ号」など幻想的なシーンが展開したようです.目黒カメラマン撮影の写真と報告記を,ぜひ本誌で確認してみてください.