車両解説 クモル145系

かつて,国鉄が101系新性能通勤形電車に大規模な改造工事を施行して,配給車として東京圏や大阪圏に投入したクモル145系.現在は,JR西日本吹田総合車両所京都支所に2両が残るのみとなりました.ごく稀にこの車両が本線上に現れると,鉄道愛好者をはじめ,多くの人の注目を浴びるようです.
 今回,JR西日本の全面的な協力のもと,このクモル145系最後の2両,クモル145-1015・クル144-15を徹底取材.これらの車両のディテールをくまなくご覧いただきます.また,L形車体が特徴的なクモル145系の構造,プロフィール,登場から現在までのヒストリーを詳しく解説いたします.気になる現況,今後については,JR西日本に質問し,回答をいただくことができました.国鉄(JR)車両の愛好者のみなさんには,要注目の1編です.