阪神電車らしさを求めて 消えゆく赤胴車

阪神電車と言えば「赤胴車と青胴車,それからバンドン連結器」.阪神電鉄の車両の大きな特色だったこれらのうち,連結器の方は統一が進み,今また,急行系車両の代名詞とも言える「赤胴車」が風前の灯火となっています.そこで,阪神電車に造詣の深い筆者が阪神電車らしさを求めて,残り少なくなった赤胴車の魅力を解析,「赤胴車の名前の由来」はもちろん,歴代の「赤胴車」の解説など,本誌では取り上げたことのない真実に迫ります.ファンがもっとも気になる現代「赤胴車」の去就も確認してみましょう.