検証・被災地への石油輸送 〜その後〜

東日本大震災で大きな打撃を受けた被災地へ燃料を届けるために運転された臨時石油輸送列車は,東北本線が復旧し大幅な迂回運転が終わった後も,実は根岸―盛岡間などで引き続き運転されていました.運行開始当初「命の列車」と言われたこの石油臨について,本誌2011年11月号(通巻607号)でお伝えした後のことをまとめました.