学研都市線 大和路線 街と駅の1世紀

学研都市線 大和路線

本書は,片町線(学研都市線),および関西線(JR難波~奈良間.大和路線)をめぐる,駅や沿線の光景,車両について,それぞれの変遷がよくわかる写真が掲載されているものです.主に1960年代から1980年代までに撮影された写真が惜しみなく掲載されており,片町線(学研都市線)については,車体外部の塗色が朱色1色となった旧標準形電車が活躍していたころのようす,関西線(大和路線)については,電化される前,キハ35系が運用されていたころのようすというように,今では見ることのできない光景が,本書の至るところで展開されています.

著者生田 誠
発行アルファベータブックス
仕様B5判 88ページ
定価本体1850円+税
発売日2017年11月20日
購入する学研都市線 大和路線 街と駅の1世紀をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2018年2月号掲載| アルファベータブックスの記事一覧

鉄道ファン2018年7月号