国鉄マンが撮った 昭和30年代の国鉄・私鉄 カラー鉄道風景

昭和30年代の国鉄・私鉄 カラー鉄道風景

本書は,野口昭雄氏と日々野利朗氏の撮影された写真を用いて,おもに昭和30年代の鉄道のようすを今に伝えているものが本書です.これには,昭和30年代における鉄道の光景を,当時,まだ貴重なものであった日本製のカラーフィルムで記録した写真が惜しみなく掲載されており,そのことが本書の最大の特長となっています.当時,国鉄にお勤めになっていたこのお二方ならではのカットをご覧いただくことができます.

著者稲葉克彦
発行フォト・パブリッシング
発売メディアパル
仕様B5判 128ページ(オールカラー)
定価本体1800円+税
発売日2017年11月18日
購入する国鉄マンが撮った 昭和30年代の国鉄・私鉄 カラー鉄道風景をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2018年2月号掲載| メディアパルの記事一覧

鉄道ファン2018年7月号