キハ40形と丹鉄車両が併結走行試験を実施

キハ40形と丹鉄車両が併結走行試験を実施

2017(平成29)年2月21日(火),福知山電車区豊岡支所所属のキハ40形と京都丹後鉄道所属の車両を併結した走行試験が,京都丹後鉄道宮福線の荒河かしの木台—大江山口内宮間で1往復行なわれました.
 編成は,キハ40 2008+MF201+KTR707(くろまつ)で,キハ40形が宮福線内を走行するのは珍しい光景です.
 これまで,荒河かしの木台の車庫内での併結試験は行なわれていましたが,本線上での走行試験は今回が初めてです.目的は不明ですが,今後何らかの動きがあるものと思われます.

写真:下天津—公庄間にて 2017-2-21

掲載