EV-E301系が甲種輸送される

EV-E301系が甲種輸送される

総合車両製作所横浜事業所で製造されたEV-E301系6両が,2017(平成29)年2月21日(火)に逗子—宇都宮間で甲種輸送されました.
 今回,甲種輸送されたのは烏山線で運用されるEV-E301系の増備車となる2両編成×3本で,これによって烏山線のキハ40形1000番台は3月3日(金)をもって運用終了となる見込みです.
 けん引機は,逗子—新鶴見(信)間が新鶴見機関区川崎派出所属のDE10 1576,新鶴見(信)—宇都宮間が新鶴見機関区所属のEF65 2081でした.

写真:大船にて 2017-2-21

掲載

鉄道ファン2018年12月号