関東鉄道キハ100形2両が保存先へ陸送される

関東鉄道キハ100形2両が保存先へ陸送される

2017(平成29)年1月8日(日)に引退記念の撮影会が行なわれたばかりの関東鉄道のキハ101,キハ102の2両の陸送が,1月14日(土)深夜から翌15日(月)にかけて行なわれました.
 14日深夜にキハ101が先行して水海道車両基地を出発,15日未明に保存先である茨城県筑西市のヒロサワシティ付近に到着しました.搬入・設置は15日の日中に行なわれ,キハ102,キハ101の順で載線作業が行なわれました.
 保存先では,これまで置かれていた鹿島臨海鉄道7000形を同一線路上の奥に移動し,それまで7000形が置かれていた位置に,見学通路の手前側からキハ101,キハ102の順で設置され,キハ101は先に保存されていたEF81 138と見学用ホームを挟んで顔を並べる形となっています.

写真:茨城県筑西市にて 2017-1-15

掲載