東京圏鉄道未来図

東京地区で進行中の鉄道改良プロジェクトについて,運輸政策審議会の答申に基づいた24の事例を紹介いたします.「東京2020」開催決定時には,さまざまな計画が取りざたされましたが,開催はいよいよ3年後,もはや出来るものと出来ないものがはっきりと見えてきました.なかでも工事が進んでいる「神奈川東部方面線」(相鉄・JR直通線)に関連して,その工事現場ルポを敢行,横浜羽沢駅(貨物駅)付近で建設が進む新駅とその付近の状況を報告いたします.
 また車両編として,各事例ごとに車両運用の将来展望も付記しました.現実的には車両の置換えも考えられるでしょうが,ここではあくまでも現在の車両状況(形式・配置)をもととしており,より具体的に見通すことができる記事になっています.
 東京地区の鉄道インフラの近未来について,遅ればせながら,この特集を「平成29年,初夢」の一つに加えていただければと思います.