鉄道ファン2024年9月号(通巻761号)
『鉄道ファン』2024年9月号
2024年7月20日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年9月号
2024年7月20日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年9月号(通巻761号)
特集 東京近郊JRネットワーク
目次を見る
アンケートdeプレゼント

JRTT,北海道新幹線 新八雲(仮称)駅デザイン推薦書を八雲町から受領

JRTT,北海道新幹線 新八雲(仮称)駅デザイン推薦書を八雲町から受領

鉄道・運輸機構(JRTT)は,北海道新幹線 新八雲(仮称)駅の駅デザイン推薦書を,八雲町から受領したと発表した.
 北海道新幹線の駅デザインについては,JRTTが2021(令和3)年5月に八雲町,長万部町,倶知安町,小樽市へデザインコンセプト作成を依頼し,2022(令和4)年2月から7月にかけて,デザインに関する要望書(デザインコンセプト)を各自治体から受領している.
 このうち新八雲(仮称)駅は,八雲町から「牧場の中にある駅 〜二つの海をもつ八雲の大地にたつ,牧歌的風景に調和したシンプルな駅〜」というデザインコンセプトの要望があり,JRTTでは「牧歌的原風景を未来へと継承する新たな調和の駅」としたA案,「雄大な大地と木立の美しさを感じる駅」としたB案,「八雲の悠久な営み,情景を映し出す駅」としたC案を提案していた(鉄道ニュース2023年10月19日掲載記事参照).
 推薦されたB案については,「森の木立をイメージした木調の縦ラインを取り入れることで,自然環境と一体感を出すとともに,外装の色味は黒系の落ち着いた色とすることで風景と調和させつつ,飽きのこないシンプルな形状を見事に表現している」などの意見があったとした.
 今後は,B案をもとに鉄道・運輸機構で駅舎設計を進める.

画像提供:JRTT鉄道・運輸機構

このページを
シェアする