鉄道ファン2024年9月号(通巻761号)
『鉄道ファン』2024年9月号
2024年7月20日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年9月号
2024年7月20日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年9月号(通巻761号)
特集 東京近郊JRネットワーク
目次を見る
アンケートdeプレゼント

JR東海,315系3000番代に画像認識技術を活用した安全確認支援装置を搭載
〜ワンマン運転の実施計画も発表〜

JR東海 315系

写真:JR東海315系  編集部撮影  神領車両区にて  2021-12-3(取材協力:JR東海)
※写真は0番代(8両編成)

JR東海は,315系3000番代(4両編成)に画像認識技術を活用した安全確認支援装置を搭載するとともに,同編成によるワンマン運転の実施計画を発表した.

JR東海,315系3000番代に画像認識技術を活用した安全確認支援装置を搭載

 同社では,2023(令和5)年6月から車側カメラを設置した315系3000番代を営業列車に投入し,さまざまな時間帯や天候で撮影したデータをAIに学習させ,画像認識技術の検証や検知精度の向上を行なった.その結果,人物の列車への接近などが検知可能なことが確認できたことから,315系3000番代に画像認識技術を活用した安全確認支援装置を搭載することとした.

JR東海,315系3000番代に画像認識技術を活用した安全確認支援装置を搭載

 運転士と車掌が乗務する列車では現在,車掌がドア扱いを行なっているが,車側カメラを用いたワンマン運転では,運転士が車側カメラからのホーム上の映像を運転台のモニタで確認し,ドア扱いを行なう.
 安全確認支援装置は,各車両の前後2台の車側カメラ映像を用いて,ドアが閉まってから列車に接近した人物を自動で検知し,警報音などにより運転士へ通知し,運転士が列車を停止させる.運転士の安全確認のサポートが充実するため,車側カメラを用いたワンマン運転の安全性が向上する.

JR東海,315系3000番代に画像認識技術を活用した安全確認支援装置を搭載

▲315系3000番代でのワンマン運転の実施計画

 315系3000番代でのワンマン運転については,2025(令和7)年度中に関西本線(名古屋—亀山間)と武豊線で実施する.2026(令和8)年度以降は,東海道本線(三島—沼津間,浜松—豊橋間,大垣—米原間)や御殿場線などで順次実施する.

一部画像はJR東海ニュースリリースから

このページを
シェアする