鉄道ファン2024年8月号(通巻760号)
『鉄道ファン』2024年8月号
2024年6月20日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年8月号
2024年6月20日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年8月号(通巻760号)
特集 地下鉄最新事情2024
目次を見る
アンケートdeプレゼント

双日グループ,カナダ・トロントで鉄道車両保守・改修事業を受注

label
双日グループ,カナダ・トロントで鉄道車両保守・改修事業を受注

▲トロント市郊外にあるMetrolinx車両基地

双日株式会社と双日米国会社の連結子会社である鉄道車両総合メンテナンス会社のCad Railway Industries Ltd.(CadRI)は,オンタリオ州交通公社Metrolinxがトロント大都市圏周辺で保有する約900両の鉄道車両保守・改修を一括して請け負う大形事業を受注したと発表した.民間企業が単独の公共交通機関から請け負う鉄道 車両の保守・改修事業の車両数としては,世界最大規模となる(双日株式会社調べ).
 本事業は,CadRIの子会社であるCad Rail Fleet Services(Ontario)Ltd.が契約主体となり,2025(令和7)年1月から車両保守・改修作業を開始します.契約期間は,2047(令和29)年までの予定.
 トロント大都市圏の人口は,現在の700万人から2041(令和21)年には900万人に増加すると予想されている.人口増加にともなう交通渋滞により,年間約1.6兆円(150億カナダドル)の経済損失が発生すると想定され,温室効果ガスの増加による環境負荷の増大が懸念されている.これに対し,慢性的な渋滞の緩和や交通利便性の向上を目的に,Metrolinxが鉄道路線網の中核区間を整備する「GO Expansion」を進めている.その中核プロジェクトとして,運行本数の増加や運行速度の引上げ,主要区間の電化を担うのが「On-Corridor Works Project」で,2022(令和4)年4月にONxpress Transportation Partnersが受注し,鉄道インフラの整備や拡張,列車の運行管理,車両の保守・改修などに取り組む.
 CadRIは,これまで多数のMetrolinxの保有車両を改修した実績があり,その技術や品質,契約履行能力が高く評価されるとともに,対象となる客車や機関車,ディーゼル車のすべての保守・改修に対応できることから,「On-Corridor Works Project」のパートナーに選定された.

写真:双日株式会社提供

このページを
シェアする