鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
『鉄道ファン』2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
特集 JR車両ファイル2024
目次を見る
アンケートdeプレゼント

特急“うずしお”1号・8号,キハ185系による運転に

特急“うずしお”1号・8号,キハ185系による運転に

JR四国では,2024(令和6)年3月16日(土)に実施されたダイヤ改正から,高徳線の特急“うずしお”1号(高松発,徳島行き),特急“うずしお”8号(徳島発,高松行き)に使用される車両が,これまでの高松運転所所属2600系から同じく高松運転所所属キハ185系に変更されています.
 両列車とも所定では普通車2両編成での運転ですが,土曜,日曜,祝祭日,長期休暇時など多客期に徳島線特急“剣山”3号,5号,6号,8号(徳島—阿波池田間)で運転される,高松運転所所属のキロハ186-2「ゆうゆうアンパンマンカー」の送り込み,返却回送を兼ねた列車であるため,回送時は編成中間に2号車としてキロハ186-2を連結(非営業・通路扱い)し,3両編成での運転となっています.
 なお,キロハ186-2の連結時は,回送ながら従来通り「ANPANMAN うずしお」のヘッドマークが取り付けられています.

写真:高松にて 2024-3-16
投稿:志摩 敬

このページを
シェアする