鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
『鉄道ファン』2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
特集 JR車両ファイル2024
目次を見る
アンケートdeプレゼント

北陸新幹線 金沢—敦賀間が開業

北陸新幹線 金沢—敦賀間が開業

▲東京行きの“かがやき”504号  福井にて  2024-3-16  投稿:谷口順一

JR西日本では,2024(令和6)年3月16日(土),北陸新幹線 金沢—敦賀間が開業した.
 今回開業した区間では,石川県内に小松・加賀温泉,福井県内に芦原温泉・福井・越前たけふ・敦賀の6駅が設置され,各駅では開業を記念したイベントも行なわれ,乗客のほか新幹線を一目見ようと集まった多くの沿線住民でにぎわっている.

北陸新幹線 金沢—敦賀間が開業

▲駅に隣接する福井市観光交流センター屋上広場では,恐竜も北陸新幹線をお出迎え  福井にて  2024-3-16  投稿:谷口順一

 東京から敦賀まで直通する列車は,“かがやき”9往復,“はくたか”5往復,計14往復が設定され,東京—福井間は最速2時間51分,東京—敦賀間は最速3時間8分で結ばれるようになった.
 敦賀で,特急“サンダーバード”や“しらさぎ”と接続する“つるぎ”については計25往復(富山—敦賀間運転列車:18往復/金沢—敦賀間運転列車:7往復)設定され,大阪方面から特急“サンダーバード”と北陸新幹線を利用した場合,大阪—福井間が1時間44分,大阪—金沢間が2時間9分,大阪—富山間が2時間35分となる.名古屋方面から東海道新幹線,特急“しらさぎ”,北陸新幹線を利用した場合,名古屋—福井間が1時間33分,名古屋—金沢間が2時間9分,名古屋—富山間が2時間35分となる.このほかに,特急と接続しない“つるぎ”が朝夜時間帯に5本運転される.

北陸新幹線 金沢—敦賀間が開業

▲福井市観光交流センター屋上広場には,恐竜のモニュメントが設置されている.写真はフクイベナートル  福井にて  2024-3-16  投稿:谷口順一

 今回の北陸新幹線 金沢—敦賀間開業にともない,特急“サンダーバード”の敦賀—金沢・和倉温泉間,特急“しらさぎ”の敦賀—金沢間,特急“おはようエクスプレス”・“おやすみエクスプレス”の全区間(敦賀—金沢間),特急“ダイナスター”の全区間(福井—金沢間)は運転が終了となっている.

北陸新幹線 金沢—敦賀間が開業

▲開業を記念して,加賀温泉—敦賀間の上空を「ブルーインパルス」が飛行した  福井にて  2024-3-16  投稿:谷口順一

記事:編集部

このページを
シェアする