鉄道ファン2024年8月号(通巻760号)
『鉄道ファン』2024年8月号
2024年6月20日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年8月号
2024年6月20日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年8月号(通巻760号)
特集 地下鉄最新事情2024
目次を見る
アンケートdeプレゼント

西武新宿線,井荻—西武柳沢間の連続立体交差事業に着手

西武鉄道30000系

写真:西武鉄道30000系  編集部撮影  南入曽車両基地にて  2008-3-6(取材協力:西武鉄道)

東京都建設局は,西武新宿線 井荻—西武柳沢間の連続立体交差事業について,2024(令和6)年3月6日(水)付けで国土交通省から都市計画事業の認可を取得し,事業に着手すると発表した.

西武新宿線,井荻—西武柳沢間の連続立体交差事業に着手

▲案内図

 事業では,西武新宿線の井荻付近(杉並区上井草1丁目)から西武柳沢付近(西東京市東伏見1丁目)までの約5.1kmの区間について,道路と鉄道を連続的に立体交差化する.また,鉄道高架構造物に沿って,側道(鉄道付属街路)を約3.0km整備する.

西武新宿線,井荻—西武柳沢間の連続立体交差事業に着手

▲連続立体交差事業の構造図

 これにより,千川通りなど19ヵ所の踏切が除却され,踏切遮断による交通渋滞や踏切事故の解消など,道路と鉄道それぞれの安全性が向上するほか,鉄道で分断されていた地域が一体化され,都市計画道路などの整備を同時に進めることで,安全で快適なまちづくりを形成する.また側道の整備により,良好な住環境の保全や地域の利便性向上を図る.
 事業費は鉄道付属街路整備を含む2660億円で,2037(令和19)年度の完成を目指す(鉄道付属街路整備は2039年度まで).

一部画像は東京都提供

このページを
シェアする