鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
『鉄道ファン』2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
特集 JR車両ファイル2024
目次を見る
アンケートdeプレゼント

「白山市立高速鉄道ビジターセンター(トレインパーク白山)」が3月13日にオープン

「白山市立高速鉄道ビジターセンター(施設愛称:トレインパーク白山)」

▲1階 観光情報 おみやげエリア

岸グリーンサービス,ライフ・マネジメント,JR西日本は,2024(令和6)年3月13日(水)に「白山市立高速鉄道ビジターセンター(施設愛称:トレインパーク白山)」をオープンします.
 「白山市立高速鉄道ビジターセンター」は,北陸新幹線の新幹線技術や車両基地を広く紹介するとともに,白山市,能美市,野々市市,川北町における広域的な観光振興と,にぎわいの創出をねらいとして建設が進められてきました.
 1階には「観光情報 おみやげエリア」として,観光情報掲示板や遊び感覚で楽しく観光スポット検索できるタッチパネル形の観光情報テーブルを設置します.また白山市,能美市,野々市市,川北町の特産品や,施設のオリジナルグッズを販売します.

「新幹線 学びと体感エリア」

▲1階 新幹線 学びと体感エリア

 同じく1階には,有料エリアの「新幹線 学びと体感エリア」が設置されます.「ここでしか見られない,体験できない」をコンセプトに,ふだんは見ることができない知られざる北陸新幹線の魅力とそれを支える人たちを紹介します.実際に使用されていた台車やパンタグラフを間近に見ることができるほか,運転士が訓練で使用するシミュレータの体験もできます.

「こども あそびエリア」

▲3階 こども あそびエリア

 3階は有料の「こども あそびエリア」として,白山市の自然をテーマにした,絵本の世界を旅するような体験を提供します.白山を模した複合遊具の設置や,壁面を泳ぎ回る海の生き物の映像が子供たちの動きによってさまざまに変化するデジタルアトラクションを設置.フロアいっぱいを使って走り回ることができるエリアとなっています.

「新幹線 見学エリア」

▲4階 新幹線 見学エリア

 4階は「こども あそびエリア」または「新幹線 学びと体感エリア」の入館券購入者のみが入場できる「新幹線 見学エリア」で,ふだん見ることのできない白山総合車両所内の点検・設備のようすを工場の音とともに学ぶことができるエリアです.

「屋上 展望エリア」

▲5階 屋上 展望エリア

 5階は無料で入場できる「屋上 展望エリア」で,走行する新幹線を間近で見ることができる迫力満点のスポットです.屋上展望台も設置されており,白山を眺望することも可能です.

画像はいずれも,岸グリーンサービス・ライフ・マネジメント・JR西日本 共同ニュースリリースから

■白山市立高速鉄道ビジターセンター
オープン日 2024(令和6)年3月13日(水)
所在地 石川県白山市宮保町2828番地1
アクセス 北陸本線 加賀笠間駅下車,徒歩約15分
※加賀笠間駅から有料シャトルバスも運行します.詳しくは,トレインパーク白山のページをご覧ください.
開館時間 9時〜17時
※最終入館受付は閉館時刻の30分前まで.
※季節などにより開館時刻の繰り上げ,閉館時刻の繰り下げを実施する場合があります.
休館日 毎週水曜日,年末年始(12月29日〜1月3日)
※水曜日が祝日の場合は営業,翌日休館.
※季節などにより,休館日が変更になる場合があります.
料金など (1)新幹線 学びと体感エリア
 大人500円,こども(中学生以下)無料
 ※1時間ごとに120名の入場数枠を設けています.
(2)シミュレータ利用料金
・大形:1回300円,小形:1回100円
 ※利用するには,「新幹線学びと体感エリア」の入館券が別途必要です.
(3)こども あそびエリア
 大人500円,こども(中学生以下)無料
 ※大人の付き添いが必要.大人1名につき,こども4人まで.
 ※こどもあそびエリアでは靴下着用が必須です.ご利用の方はご持参ください.
 ※1時間ごとに100名の入場数枠を設けています.
●有料エリア(1)〜(3)の入館券発売方法
 詳しくは,トレインパーク白山のページをご覧ください.
ご案内 岸グリーンサービス,ライフ・マネジメント,JR西日本 共同ニュースリリース(PDFファイル)
白山市立高速鉄道ビジターセンター(トレインパーク白山)公式WEBサイト
このページを
シェアする