鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
『鉄道ファン』2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
特集 JR東日本の特急車
目次を見る
アンケートdeプレゼント

相鉄,3月16日ダイヤ改正の詳細を発表

相模鉄道12000系

写真:相模鉄道12000系  編集部撮影  厚木操車場にて  2019-4-5(取材協力:相模鉄道)

相模鉄道は,2024(令和6)年3月16日(土)に実施するダイヤ改正について,その詳細を発表した.

 平日では,朝時間帯の海老名7:10発 各駅停車浦和美園行き・同7:17発 通勤急行横浜行きと湘南台7:23発 各駅停車横浜行きについて,種別・行先をそれぞれ海老名7:09発 通勤急行横浜行き・同7:16発 各駅停車浦和美園行きと湘南台7:21発 通勤急行横浜行きに変更する.これにより最も混雑する時間帯に西谷→横浜間で列車を1本増発し,混雑の緩和を図る.
 現行の湘南台8:19発の各駅停車横浜行きは,同8:18発の快速横浜行きに変更する.これにより最も混雑する時間帯のあとについても西谷→横浜間で列車を1本増発し,混雑の緩和を図る.なお,海老名8:30発の特急浦和美園行きは,西谷で上記の快速横浜行きに接続することで横浜までの所要時間を28分とする.また,上り列車の増発により,同時間帯の下り列車も増発する.
 JR直通列車について,深夜時間帯の1往復(上り21時台,下り23時台)を取りやめ,早朝時間帯に1往復(海老名5:24発 特急新宿行き/新宿6:31発 各駅停車海老名行き)を新設する.現行の西谷5:48発 各停川越市行きは5:46発に変更する.これにより西谷では,新設された特急新宿行きと横浜5:31発の各駅停車海老名行きから乗り換えが可能となる.
 夕方ラッシュ以降については,横浜—海老名・湘南台間の下り快速と,JR線から直通の特急が西谷で接続するパターンについて,横浜—海老名間の一部列車の列車種別を特急に変更するとともに,直通列車を各停とするパターンに変更する.これにより,夜時間帯の横浜—海老名間の特急を増やす.あわせて,上り方向の一部列車について,海老名—横浜間の列車種別を特急に変更するとともに,JR直通列車または東急直通列車を各停として,二俣川または西谷で接続するパターンに変更する.
 22時以降のいずみ野線では,二俣川の発車時刻がおおむね均等間隔となるよう変更する.あわせて,現行ダイヤでいずみ野線の運転間隔が開いている,二俣川駅発21:53から22:14の間に湘南台行きを1本増発する.
 相鉄新横浜線からの西谷行きについて,新横浜を21時以降に発車する西谷行きの一部列車(5本)の行先を,海老名方面へ運転区間を延長する.
 このほか,新横浜で相鉄線側へ折り返す列車の乗車ホームを,2番線に変更する.横浜16:39発の特急海老名行きを,10両編成に変更する.

相鉄21000系

写真:相模鉄道21000系  編集部撮影  厚木操車場にて  2021-9-3(取材協力:相模鉄道)

 土休日では,JR直通列車について,平日と同様に深夜時間帯の1往復(上り21時台,下り23時台)を取りやめ,早朝時間帯に1往復設定する.
 夜間の横浜—海老名・湘南台間の下り快速と,JR線から直通の特急が西谷で接続するパターンについて,横浜—海老名間の一部列車の列車種別を特急に変更するとともに,直通列車を各停とするパターンに変更する.これにより,夜時間帯の横浜—海老名間に特急を増やす.
 22時以降のいずみ野線では,二俣川の発車時刻がおおむね均等間隔となるよう変更する.あわせて,現行ダイヤでいずみ野線の運転間隔が開いている,二俣川発21:52から22:11の間に湘南台行きを1本増発する.
 相鉄新横浜線からの西谷行きについて,新横浜を21時以降に発車する西谷行きの一部列車(2本)の行先を,海老名方面へ運転区間を延長する.
 このほか,新横浜で相鉄線側へ折り返す列車の乗車ホームを,2番線に変更する.
 平日・土休日ダイヤとも,一部列車の新横浜への到着時刻を調整し,東海道新幹線への乗換時間を確保する.上記以外の列車についても,時刻・行先・列車種別を変更する.
 詳しくは,相模鉄道ニュースリリースに掲載されている.

写真はすべてイメージです.

このページを
シェアする