鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
『鉄道ファン』2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
特集 JR東日本の特急車
目次を見る
アンケートdeプレゼント

「さようならエアポート急行」運転

「さようならエアポート急行」運転

京浜急行電鉄では,2023(令和5)年11月25日(土)にダイヤ改正が実施されます.これにともない「エアポート急行」の種別が「急行」に変更されることになり,前日の24日(金)をもって「エアポート急行」は運転終了となります.
 「エアポート急行」は,2010(平成22)年5月16日(日)のダイヤ改正で,羽田空港第1・第2ターミナル〜都営浅草線・京成線・北総線方面と新逗子(現逗子・葉山)間を結ぶ種別して誕生しました.しかし,羽田空港に向かわない列車にも,種別表示器に飛行機マークが表示されるため,訪日外国人観光客が誤認するケースが多く見られました.そのため,今回のダイヤ改正で「急行」に変更し,羽田空港行の列車のみ,行先表示器にに飛行機マークを表示することになりました.
 これを記念して,11月22日(水)〜24日(金)の3日間,1500形1525編成が「さようならエアポート急行」列車として運転され,逗子・葉山方先頭車に「さようならエアポート急行」と書かれた記念のヘッドマークが掲出された他,車内広告がすべて「ありがとうさようならエアポート急行」と書かれた同じデザインのものに統一されました.また,23日(木祝)には京急蒲田駅で「エアポート急行方向幕アクリルキーホルダー」などの記念グッズが販売されました.
 なお,京急で「急行」が運転されるのは,京急蒲田以北では2010(平成22)年以来(前述したダイヤ改正以前までの運転),京急蒲田以南では1999(平成11)年以来となります.

写真:京急川崎にて 2023-11-23
投稿:秋田 拓海

このページを
シェアする