鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
『鉄道ファン』2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
特集 JR東日本の特急車
目次を見る
アンケートdeプレゼント

日立レール,イタリア・トレニタリア社と高速鉄道車両30編成の納入に関する契約を締結

label
日立レール,イタリア・トレニタリア社と高速鉄道車両30編成の納入に関する契約を締結

日立製作所のグループ会社である日立レールは,イタリア共和国の鉄道運営会社であるTrenitalia(トレニタリア社)と,30編成の新しい高速鉄道車両「ETR1000」の納入について,8億6100万ユーロ(約1400億円)の契約を締結したと発表した.本契約には,追加10編成を2億8700万ユーロ(約460億円)で納入するオプションが含まれている.
 新しい車両は,イタリアのナポリとフィレンツェ近郊のピストイアにある日立レールの工場で製造される.最初の納入は2026(令和8)年春に予定され,その後年間8〜10編成のペースで納入される予定.
 これらの列車は従来の「ETR1000」と同様に,Frecciarossa(フレッチャロッサ)1000の象徴的な赤いカラーリングが採用される.おもにイタリアの高速路線で使用される予定だが,フランス・ドイツ・スペイン・オーストリア・スイス・ベルギー・オランダなど欧州各国のシステムに対応し,国ごとに異なる電源や信号システムを国境で切り替え,国際列車としての運行が可能となっている.
 車体には軽量アルミニウム合金が使用されているため,同じ大きさの車両と比較して軽量で,重量/出力比に優れ,高加速を実現している.短時間で運転速度をトップスピードに上げることができるため,乗客の移動時間を短縮することができる.
 また,この車両の設計は非常に持続可能性が高く,列車が寿命を迎えた後に素材を回収して再利用もできる.新しい車両は,納入済みの車両のおもな特徴を継承するとともに,インテリアのデザインは一新される.最終的なデザインの詳細は旅客サービス開始に先立って発表される予定.快適性が非常に高い車両で,静音性に優れ,調光可能なLED照明や空調装置,身体障害者などに配慮したアクセシビリティ,車内モニタ,パソコンやスマートフォン用のWi-Fiや電源ソケットを備える.「ETR1000」の全長は約200メートル,定員460名で,車内にはビュフェエリアがある.
 2010(平成22)年から現在までに,イタリア鉄道グループ「Ferrovie dello Stato」傘下のトレニタリア社に向けて58編成の「ETR1000」が製造され,さらに6編成が製造中である.今回の新たな契約で30編成が追加され,列車の製造総数は94編成となる.最高時速350kmで運転可能な「ETR1000」は,環境負荷が低く,加速性・低騒音・低振動の高速列車として認められており,スペインではすでに1年以上運行されているほか,フランスでは2021(令和3)年にパリ—ミラノ間の国境を越えた運行が開始されている.

各金額は,1ユーロ=160.87円で計算
写真:日立製作所提供

このページを
シェアする