鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
『鉄道ファン』2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
特集 JR車両ファイル2024
目次を見る
アンケートdeプレゼント

JR東日本,2024年春に上越新幹線の終電時刻を繰上げへ

JR東日本E7系

写真:JR東日本E7系  編集部撮影  新幹線総合車両センターにて  2013-11-28(取材協力:JR東日本)

JR東日本は,2024(令和6)年春に上越新幹線の終電時刻を繰り上げると発表した.

 これは,夜間工事の作業時間を拡大するためで,上越新幹線では終電から初電までの作業時間が短いことから,現行から20分程度の繰上げを予定している.あわせて,上越新幹線に接続する一部在来線の利便性を確保できるよう検討する.ダイヤ見直しの内容については決まり次第,発表される.
 東北・北陸新幹線における作業時間拡大については,今後の状況を見極め,引き続き検討する.

JR東日本,2024年春に上越新幹線の終電時刻を繰上げへ

▲新幹線における地震対策工事

 JR東日本は,新幹線の安全かつ安定した運行のために設備のメンテナンスを継続的に実施しているが,その規模は,延べ40万人の人員により,年間5万件の工事におよぶ.また,開業40年以上が経過した東北・上越新幹線は,設備のリニューアル工事を実施しており,今後10年間でレール交換約400km,架線交換約800kmをはじめとして,工事は大きく増加する見込みであることや,橋りょうやトンネルなどの土木構造物の大規模改修も計画されている.
 一方で,生産年齢人口の減少にともない,工事の担い手の確保が厳しさを増しており,さらに,2024(令和6)年には建設業における働き方改革のための法的規制も開始される.
 このような中,2021(令和3)年,2022(令和4)年に発生した福島県沖地震では,復旧に時間を要したことから,地震対策工事についても拡大して実施している.

JR東日本,2024年春に上越新幹線の終電時刻を繰上げへ

▲新幹線における大形機械を用いた工事

 通常のメンテナンスに加え,リニューアル工事や地震対策工事への対応として,少人数で工事ができる大形機械の導入も進んでおり,新幹線における大形機械保有台数はこの10年間で25%増加しているが,さらに導入を進めるとしている.
 なお,2021(令和3)年3月に実施された在来線の終電時刻繰上げでは,施工効率の向上や労力軽減につながり,TC形省力化軌道工事においては,施工効率が1割程度向上した.今回の終電時刻繰上げは,作業時間を拡大することで鉄道工事での働き方改革を実現しながら,増加するリニューアル工事や地震対策工事を実施するとしている.

一部画像はJR東日本提供

このページを
シェアする