鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
『鉄道ファン』2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
特集 JR東日本の特急車
目次を見る
アンケートdeプレゼント

近鉄,大晦日の終夜運転など年末年始の運転計画を発表

近畿日本鉄道80000系「ひのとり」

写真:近畿日本鉄道80000系「ひのとり」  編集部撮影  高安検車区青山町車庫にて  2020-2-3(取材協力:近畿日本鉄道)

近畿日本鉄道は,年末年始の運転計画について発表した.

 2023(令和5)年12月30日(土)から2024(令和6)年1月3日(水)までは,土・休日ダイヤで運転する.また,大晦日から1月3日(水)までの特急券は,12月1日(金)10時30分から発売する.
 大晦日から元日にかけての終夜運転は,一部の路線を除いて行なう.終夜運転では前回に引き続き,80000系「ひのとり」を使用した臨時特急列車を,大阪・名古屋から伊勢方面に各3往復運転する.また,生駒ケーブル,西信貴ケーブル,葛城山ロープウェイでも臨時便(109往復)を運転する.
 終夜運転にあわせて,一部の駅構内にあるファミリーマートが終夜営業するほか,大阪難波や近鉄名古屋などの主要ターミナル4駅では,留め置いた車両を休憩スペースとして利用できるようにする.

近畿日本鉄道22000系リニューアル車

写真:近畿日本鉄道22000系リニューアル車  編集部撮影  五位堂車庫にて  2015-11-28(取材協力:近畿日本鉄道)

 12月30日(土)と大晦日には,臨時特急列車を各日6本(大阪難波—五十鈴川間:各日4本/大阪難波—近鉄名古屋間:各日2本)運転する.大晦日から元旦にかけての臨時列車・運転区間延長列車については,大阪地区で計221本,名古屋地区で計37本運転する.
 また,1月1日(月祝)から3日(水)と6日(土)から8日(月祝)までの計6日間,大阪線で計60本,名古屋地区で計57本の臨時列車・運転区間延長列車を運転する.南大阪線・吉野線では,1月1日(月祝)から3日(水)までの間,計48本の臨時列車(特急・急行)を運転する.
 詳しくは,近畿日本鉄道ニュースリリース(PDFファイル)に掲載されている.

写真はすべてイメージです.

このページを
シェアする