鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
『鉄道ファン』2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
特集 JR車両ファイル2024
目次を見る
アンケートdeプレゼント

伊豆箱根鉄道大雄山線で9月6日から「天狗電車」を運転

伊豆箱根鉄道大雄山線で9月6日から「天狗電車」を運転

伊豆箱根鉄道は,2023(令和5)年9月6日(水)から,大雄山線5000系5501編成を「天狗電車」として運転すると発表した.
 大雄山線は1925(大正14)年に大雄山最乗寺の参拝客を運ぶことを目的に開業し,2025(令和7)年には開業から100年を迎える.開業100周年記念企画の第1弾として「天狗電車」を運転することで,大雄山線のルーツである大雄山最乗寺の認知を広げ,興味や観光に繋げていくとともに,特色溢れる沿線づくりを進める.
 5000系5501編成は,2016(平成28)年に懐かしのオールドカラー復刻バージョンとして赤電塗装(朱色とベージュのツートンカラー)となっていたが,「天狗電車」の運転開始にあわせて,大雄山最乗寺をイメージした天狗色(朱色一色)に変更し,車体の前後に天狗の葉うちわが描かれたヘッドマークを掲出する.
 運転本数は1日あたり14〜17往復で,運行情報は伊豆箱根鉄道のページで確認できる.

写真:伊豆箱根鉄道ニュースリリースから

このページを
シェアする