鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
『鉄道ファン』2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
特集 JR東日本の特急車
目次を見る
アンケートdeプレゼント

JR東日本・JR西日本,新幹線の自動運転において技術協力へ

JR東日本E7系

写真:JR東日本E7系  編集部撮影  新幹線総合車両センターにて  2013-11-28(取材協力:JR東日本)

JR東日本とJR西日本は,相互直通運用を行なう北陸新幹線のE7系・W7系をベースに,自動運転の実現に向けたシステム開発やコストの軽減に向け,協力して検討を進めると発表した.

JR東日本・JR西日本,新幹線の自動運転において技術協力へ

▲新幹線自動運転の導入を検討する区間

 JR東日本は,グループ経営ビジョン「変革2027」に掲げるドライバレス運転(GoA3,GoA4)の実現のため,ATO(自動列車運転装置)の開発を進めており,2021(令和3)年度には,上越新幹線の新潟—新潟新幹線車両センター間において回送列車の自動運転試験を実施している.
 これまでの試験などで得られた知見を元に,2020年代末に上越新幹線の新潟—新潟新幹線車両センター間の回送列車(GoA4),2030年代中ごろには東京—新潟の営業列車(GoA3)のドライバレス運転の実現を目指す.

JR西日本W7系

写真:JR西日本W7系  編集部撮影  白山総合車両所にて  2014-6-22(取材協力:JR西日本)

 JR西日本は,技術ビジョンのめざす姿として,「人と技術の最適な融合」を掲げ,「自動運転技術による安全性と輸送品質向上」の実現に向けた技術の開発に取り組んでおり,2022(令和4)年度からは,北陸新幹線白山総合車両所敷地内において自動運転機能の要素技術開発として,車両を自動で加速・減速させ定められた位置に停止させる制御装置などの,自動運転機能の評価と課題抽出を行なうために実証試験を実施している.
 両社では,今後,北陸新幹線での自動運転の実現に向けたシステム開発やコスト軽減などの検討を進めるとしている.

JR東日本・JR西日本,新幹線の自動運転において技術協力へ

▲鉄道の自動化レベル(乗務形態による分類)

一部画像はJR東日本・JR西日本 共同ニュースリリースから

このページを
シェアする