鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
『鉄道ファン』2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
特集 JR東日本の特急車
目次を見る
アンケートdeプレゼント

近鉄・JR東日本,鉄道技術分野での協力を強化へ

近鉄・JR東日本,鉄道技術分野での協力を強化へ

近畿日本鉄道とJR東日本は,鉄道技術分野での協力を強化すると発表した.
 これは,少子高齢化や働き方改革などにより社会環境が変化する状況において,効率的で持続可能な鉄道経営を維持し,より安全で利便性の高い輸送サービスの実現を目的としている.
 JR東日本グループでは最新技術を広く活用し,視点の輸送サービス,SDGsを意識した鉄道運営,社員の働き方改革を目指し首都圏の輸送システムの変革を進めており,ATACS(無線式列車制御システム)の導入や,ATO(自動列車運転装置)の高性能化により,輸送安定性の向上と乗客の需要やニーズに応じた柔軟な運行を目指している.また,首都圏主要線区においては,ワンマン運転に向けた準備や将来のドライバレス運転の導入に向けた開発が進められている.
 近鉄においても,デジタル技術の活用により,安全・安定・安心レベル向上とコスト削減の両立を図るため,より安全性・安定性の高い信号保安装置や,自動運転の研究が進められている.
 両社は,2020(令和2)年6月に鉄道技術分野における覚書を締結しており,無線式列車制御システムなどの新しい技術を導入する際の仕様共通化などを検討してきた.今後も安全で安定した輸送サービスを提供し続けるため,両社が持つ技術・ノウハウを活用し,開発コストの低減や設備導入のスピードアップに取り組むとしている.

画像は近畿日本鉄道・JR東日本 共同ニュースリリースから

このページを
シェアする