鉄道ファン2024年8月号(通巻760号)
『鉄道ファン』2024年8月号
2024年6月20日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年8月号
2024年6月20日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年8月号(通巻760号)
特集 地下鉄最新事情2024
目次を見る
アンケートdeプレゼント

JR西日本,4月1日から山陽本線 徳山—下関間と山口線 湯田温泉・山口までICOCAエリアを拡大
〜山陽新幹線でのICカードサービスも拡大〜

JR西日本 227系

写真:JR西日本227系  編集部撮影  近畿車輛本社にて  2014-9-26(取材協力:JR西日本・近畿車輛)

JR西日本では,ICOCAエリアについて,2023(令和5)年4月1日(土)から山陽本線 徳山—下関間と山口線 湯田温泉・山口までエリアを拡大すると発表した.

JR西日本,4月1日から山陽本線 徳山—下関間と山口線 湯田温泉・山口までICOCAエリアを拡大

▲在来線(山口エリア)のICOCA利用拡大区間

 これまで山口県内の山陽本線は,広島方面から徳山までがICOCAの対応駅となっていたが,新たに20駅(新南陽—下関間の各駅)でICOCAの利用が可能となる.山口線の湯田温泉・山口では,ICOCAのきっぷの機能のみを利用できる.
 上記にともない,ICOCAエリアとSUGOCAエリアをまたがる区間のICOCA定期券の発売や「ICOCA FREX定期券」,「ICOCA FREXパル定期券」の発売区間を,山陽新幹線全線(新大阪—博多間)に拡大する.
 「在来線IC定期券による新幹線乗車サービス」については,利用区間を山陽新幹線の新大阪—博多間に拡大する.これは,新幹線停車駅を2駅以上含む在来線IC定期券を,新幹線自動改札機にタッチするだけで定期券区間内の新幹線(普通車自由席)に乗車できるサービスで,特急料金は,新幹線降車駅の自動改札機でIC定期券のチャージ額から差し引かれる.
 「在来線IC定期券による新幹線乗車サービス」利用可能区間の拡大にともない,「新幹線自由席回数特急券(幹定回)」の発売を2023(令和5)年3月31日(金)の発売をもって終了する.

特記以外の画像はJR西日本ニュースリリースから

このページを
シェアする