鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
『鉄道ファン』2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
特集 JR車両ファイル2024
目次を見る
アンケートdeプレゼント

大阪市高速電気軌道,森之宮検車場内に新駅を設置へ

大阪市高速電気軌道400系

写真:大阪市高速電気軌道400系  編集部撮影  緑木車両工場にて  2022-12-7(取材協力:大阪市高速電気軌道)

大阪市高速電気軌道では,森之宮検車場内に,新駅を設置する方針を決定したと発表した.

大阪市高速電気軌道,森之宮検車場内に新駅を設置へ

▲新駅デザインパース(外観)

 これは,「Expo2025 大阪・関西万博」の開催とIR(統合形リゾート)開業が予定されている西の拠点「夢洲」に対し,大阪府・大阪市を中心にまちづくり開発の計画が進む「森之宮」を東の拠点として位置づけ,東西軸となる大阪市高速電気軌道 中央線の強化を行なうことで,大阪の発展を目指すもの.
 開発エリアは,大学などの開発による需要に対してアクセス性が弱く,交通環境の整備が必要とされており,大阪市高速電気軌道が保有する森之宮検車場内に新駅を設置することで,アクセス性の向上と開発エリアのポテンシャル向上を図る.

大阪市高速電気軌道,森之宮検車場内に新駅を設置へ

▲新駅デザインパース(駅構内)

 新駅は,大阪城東地区のまちづくりのコンセプトと合致し,西の拠点と対峙する「シンボリック、かつ、インテリジェンス(知)、イノベーション(革新)、インキュベーション(新規事業などの孵化)」を球体が浮かび上がってくるイメージで表す唯一無二のデザインとする.
 駅構内は開放感があり,多世代・多様な人々が集い,交流する国際色豊かな場を創出する.

大阪市高速電気軌道,森之宮検車場内に新駅を設置へ

 万博開催までの取組として,中央線の最小運行間隔を現行の3分45秒から2分30秒に短縮して輸送力を増強する.これにともない,夢洲延伸で3列車,輸送力増強で10列車の計13列車を増備するため,現在,森之宮検車場内にある既存の保守施設を移設・撤去し,上記の13列車を収容する留置線の整備工事が行なわれている.

大阪市高速電気軌道,森之宮検車場内に新駅を設置へ

 万博終了後は,増備した車両をほかの路線に転用する.車両の移動が完了次第,留置線を撤去し,その跡地を活用して新駅を設置する.既存の側線については営業線化に対応するため,線路設備と信号設備の高度化を図る.
 新駅の開業時期は,大坂城東部地区まちづくりの1.5期開発に間に合うよう,2028(令和10)年春を目指す.今後は,新駅設置の事業化に向け,関係者と継続した協議を行ない,建設計画や運転計画,駅名などについて決めるとしている.

一部画像は大阪市高速電気軌道提供

このページを
シェアする