日立レール,イタリア北中部向けデジタル信号システムを受注

access_time
2022年11月24日掲載
日立レール,イタリア北中部向けデジタル信号システムを受注

▲イタリア北中部の鉄道路線のうち,「ERTMS」が整備される予定の区間

日立製作所のグループ会社である日立レールは,欧州共通の列車制御システムである「ERTMS」について,イタリア共和国の鉄道路線網のうち1885kmに設計・設置するフレームワーク契約を,コンソーシアムのリーダーとして,8億6700万ユーロ(日立レール受注分=約1260億円)で締結したと発表した.
 今回の契約は,FSグループで,イタリアの鉄道インフラを管理するRete Ferroviaria Italiana(レーテ・フェロヴィアリア・イタリアーナ/RFI)が,イタリア全土に「ERTMS」を導入するために実施した27億ユーロ(約3920億円)分の入札の一部で,イタリア政府の「再興・回復のための国家計画(PNRR)」により資金が拠出される,累計約4800kmの鉄道路線整備に関する技術プロジェクトの最後の案件となる.
 導入の対象は,エミリア・ロマーニャ州,トスカーナ州,ピエモンテ州,ロンバルディア州,リグリア州,ベネト州,フリウリ・ベネツィア・ジュリア州を含むイタリア北中部エリアとなっている.
 また日立にとっては,RFIが発注主で2021(令和3)年11月に共同受注した,イタリアの鉄道路線網のうち700kmにデジタル信号システム・「ERTMS」を設計・設置する5億ユーロ(約725億円)の契約に続くものとなる.
 「ERTMS」は,最新のデジタル鉄道制御システムで,多くの列車をより迅速かつ正確に運行できる.この技術は,欧州域内でのシームレスな鉄道システムの構築に向け,イタリア国外から来る列車が国境で信号切り替えをすることなくイタリア国内の路線に乗り入れることができる.「ERTMS」はすでにイタリアの高速鉄道で使用されており,現在,在来線への導入が進められている.
 「ERTMS」では,無線システムによって車両と軌道の間で通信できるようになり,列車が制限速度を超過した場合や緊急時に自動的に緊急ブレーキが作動する.この技術により,速度(加速・減速)を制御しながら,列車をより効率的に走行させることで,エネルギー消費と二酸化炭素排出を削減する.

各金額は,1ユーロ=145円で計算
画像は日立製作所提供