東北本線 岩手飯岡駅,12月18日から橋上駅舎・東西自由通路の供用を開始

access_time
2022年11月16日掲載
東北本線 岩手飯岡駅,12月18日から橋上駅舎・東西自由通路の供用を開始

▲駅舎・自由通路外観(東口/2022年10月24日撮影)

JR東日本盛岡支社と東北建設プロジェクトマネジメントオフィスは,盛岡市との施行協定により,橋上駅舎と東西自由通路の整備が進められていた東北本線 岩手飯岡駅について,2022(令和4)年12月18日(日)5時から供用を開始すると発表した.

東北本線 岩手飯岡駅,12月18日から橋上駅舎・東西自由通路の供用を開始

▲駅舎・自由通路外観(西口/2022年10月27日撮影)

 橋上駅舎は鉄骨2階建てで延床面積は約460m².駅設備として改札窓口,みどりの窓口,自動券売機,待合室,改札内トイレが設置される.また,バリアフリー設備としてエレベータ2基(11人乗り)と多機能トイレが設置される.
 東西自由通路は鉄骨2階建てで,有効幅員約4mとし,バリアフリー設備としてエレベータ2基(24人乗り)が設置される.

写真はすべてJR東日本盛岡支社ニュースリリースから