JRグループ,シーズン別の指定席特急料金を見直し
〜グリーン車・寝台車の特急料金にも,新たにシーズン別の料金を適用〜

JR東海 N700S量産車

写真:JR東海N700S量産車  目黒義浩撮影  小田原—熱海間にて  2020-10-25

JRグループでは,2023(令和5)年4月1日(土)乗車分から,JR東海・JR西日本・JR四国・JR九州の新幹線を含む特急列車において,シーズン別の指定席特急料金を改定すると発表した.

 現在,JR東海・JR西日本(北陸新幹線以外)・JR四国・JR九州の特急列車の指定席特急料金は,シーズン別に3段階に分かれ,閑散期は通常期の指定席特急料金の200円引き,繁忙期は200円増しとなっている.今後は,利用が特に多いゴールデンウイーク・お盆・年末年始の各期間に,通常期の400円増しの「最繁忙期」を新たに設定し,4段階の料金設定とする.
 一方で,ゴールデンウイークの場合はゴールデンウイーク以外の期間に,また,帰省での利用が多いお盆や年末年始の場合であれば期間内や期間の前後に閑散期や通常期を新たに設定し,利用者が乗車日を調整することで,これまでよりも購入しやすい価格で特急列車を利用できるようにする.

JRグループ,シーズン別の指定席特急料金を見直し

▲料金設定のイメージ

 また,11月をはじめ,秋の週末など利用が多い時期に繁忙期を設定するとともに,比較的利用の少ない4月・7月・8月下旬・10月上旬などの一部の平日にも新たに閑散期を設定する.
 各期の適用日カレンダーについては,年度ごとの曜日配列やそれにともなう利用動向に応じて,毎年見直しを行なう予定.
 なお,快速列車は,現在と同様に一部列車を除き通常期と閑散期のみ設定されるが,適用日カレンダーの見直しにより,閑散期が拡大する.東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸の各新幹線とJR東日本の一部の在来線特急列車のシーズン別の指定席特急料金は変更しない.見直し後のカレンダーやカレンダーが適用となる列車の詳細については,JRグループニュースリリースに掲載されている.

JRグループ,シーズン別の指定席特急料金を見直し

▲料金設定のイメージ(グリーン車利用の場合)

 あわせて,現在シーズン別料金の設定のないグリーン車と寝台車利用時の特急料金について,シーズン別の料金を適用する.
 適用日カレンダーは普通車指定席を利用する場合と同様とし,現在のグリーン車と寝台車利用時の料金から,閑散期は200円引き,繁忙期は200円増し,最繁忙期は400円増しとする.
 なお,現在,普通車指定席を利用する場合に,シーズン別の料金を適用せず通年同額(通常期)としているJR北海道内の在来線特急列車,JR東日本の一部の在来線特急列車などについては対象外とする.また,JR九州の西九州新幹線と在来線特急列車は,閑散期について適用しない.

一部画像はJRグループニュースリリースから