小田急,本厚木駅でホームドアの設置工事を開始

小田急,本厚木駅でホームドアの設置工事を開始

▲本厚木駅に整備されるホームドアのイメージ

小田急電鉄は,小田原線 本厚木駅へホームドアの設置工事を開始すると発表した.

 下り2番ホームは,2022(令和4)年11月19日(土)の終電後から,同1番ホームは,2022(令和4)年11月26日(土)の終電後からそれぞれ設置工事を開始し,2023(令和5)年2月下旬の使用開始を予定している.上りホーム(3・4番ホーム)については,2023(令和5)年度内の設置工事と使用開始を予定している.
 小田急電鉄では,2032(令和14)年度までに,小田原線 新宿から本厚木までの各駅と,江ノ島線 中央林間,大和,藤沢の計37駅へのホームドア整備完了を目指しており,本厚木駅に設置されるのは,小田急線初の特急ロマンスカーに対応した「大開口ホームドア」となる.

小田急,本厚木駅でホームドアの設置工事を開始

▲本厚木駅ホームドアのイメージ図

 「大開口ホームドア」は,開口部分を最大限に広げることで,通勤車両と特急車両の異なる扉位置に対応する.なお,「大開口ホームドア」を用いても,ホームドア戸袋部分が特急ロマンスカーの一部乗降口の支障となるため,2022(令和4)年11月15日(火)始発から,30000形「EXE」・「EXEα」,60000形「MSE」の4号車と7号車の乗降扉の使用を休止する.70000形「GSE」については,これまでどおりすべての乗降口を開閉する.この取扱いは,東京メトロ千代田線内を除くすべての特急停車駅で実施される,
 なお,本厚木駅へのホームドア導入は,国,神奈川県,厚木市の補助と,鉄道駅バリアフリー料金制度の活用により実施する.

小田急,本厚木駅でホームドアの設置工事を開始

▲特急車両 乗降扉の締切扱い

写真・画像はいずれも小田急電鉄提供