阪急,12月17日にダイヤ改正を実施
〜京都線で2024年から開始する「座席指定サービス」を見据えたダイヤに〜

阪急 9300系

写真:阪急電鉄9300系  編集部撮影  正雀車庫にて  2003-10-8(取材協力:阪急電鉄)

阪急電鉄では,2022(令和4)年12月17日(土)に,全線でダイヤ改正を実施すると発表した.

 今回のダイヤ改正は,2024(令和6)年に京都線において導入予定の座席指定サービス開始を見据えたものとし,快速急行の列車種別名称を,準特急に変更する.座席指定サービスは,京都線の特急・通勤特急・準特急を対象に開始する予定で,サービスの詳細は決まり次第,発表される.

阪急1000系

写真:阪急電鉄1000系  編集部撮影  西宮車庫にて  2013-11-22(取材協力:阪急電鉄)

 各線とも,平日の朝ラッシュ時間帯における10両編成列車のうち,一部を8両編成に変更する.平日の夜間・深夜時間帯(21〜23時台)の運転本数は,現行の利用動向に対応して見直しを行なう.また,一部の最終列車の時刻を変更する.
 女性専用車両を設定する列車については,全線で「通勤特急」に統一する.このうち,宝塚線の女性専用車両については,引き続き8両編成の最後部(宝塚方)の車両に設定する.昼間時間帯の運転本数・運転間隔については,現行どおりとする.
 また,神戸線の平日朝ラッシュ時間帯では,宝塚発(今津線経由)大阪梅田行き準急の運転時間帯を約15分繰り上げて,宝塚6:46発に変更する.
 宝塚線の平日朝ラッシュ時間帯では,通勤特急を1本増発する.石橋阪大前における箕面線と宝塚本線(大阪梅田方面)の接続時間を現行よりも確保し,接続を改善する.なお,箕面発大阪梅田行き直通列車については運転を取りやめる.

「京とれいん」+「京とれいん 雅洛」

写真:阪急電鉄6300系「京とれいん」と7000系「京とれいん 雅洛」  松本洋一撮影  正雀車庫にて  2019-3-20(取材協力:阪急電鉄)

 京都線の平日朝・夕ラッシュ時間帯では,淡路に停車する準特急(現:快速急行)の運転本数を増やし,淡路と千里線・堺筋線利用者の利便性向上を図る.なお,通勤特急の運転本数は,朝ラッシュ時間帯(6時台〜9時台)の上下各3本ずつ(1日6本)となる.
 平日・土休日の早朝・深夜時間帯では,快速の停車駅に西京極を追加して,列車種別を急行に変更する.土休日の昼間時間帯では,大阪梅田—京都河原町間で運転している観光特急のうち,快速特急A「京とれいん」の運転をとりやめ,快速特急「京とれいん 雅洛」のみとする(1日4往復).
 詳しくは,阪急電鉄ニュースリリースに掲載されている.改正後の時刻表は,2022(令和4)年11月下旬から阪急電鉄のページで確認できる.

写真はすべてイメージです.