阪急,10月1日から営業列車の一部に防犯カメラを設置

阪急,10月1日から営業列車の一部に防犯カメラを設置

阪急電鉄では,列車内のセキュリティ強化を目的として,2022(令和4)年10月1日(土)から,営業列車の一部に防犯カメラを設置し,その運用などに関する試験を実施すると発表した.
 防犯カメラが設置されるのは,神戸線で運用されている7000系1編成(7020ほか8両編成)で,検証を進める中で,当該編成のほかにも試験車両を拡大する可能性があるとしている.防犯カメラは,車両の連結部の妻戸付近と,乗降ドアの上部に設置し,車内を撮影する.防犯カメラの近くには,乗客にカメラ設置を知らせるステッカーを掲出する.
 今回設置される防犯カメラは,列車内の映像や音声をカメラ内のメモリに記録したうえでクラウドサーバーにデータを送信し,そのサーバーを通じて列車外からでも状況を確認できる機能を備えている.
 将来は,車内で異常が発生した場合でも,指令所などからリアルタイムに状況を把握し,より迅速かつ適切な対応について指示ができる仕組みも検討する.

画像は阪急電鉄提供