JR北海道,札幌駅11番ホームの使用を10月16日から開始

JR北海道,札幌駅11番ホームの使用を10月16日から開始

JR北海道は,札幌駅11番ホームの使用を2022(令和4)年10月16日(日)の始発から開始すると発表した.

 11番ホームは,札幌駅の南側に新幹線高架橋を構築する空間を生み出すため,廃止される1番線の代替として新設工事が進められている.6両編成対応のホームに階段2ヵ所,エスカレータ2基,エレベータ1基が設置される.

JR北海道,札幌駅11番ホームの使用を10月16日から開始

 10月16日(日)以降,学園都市線(札沼線)の列車を11番ホーム発着に統一する.多くの列車について,番線が変更が予定されているが,時刻については一部の列車を除き変更しない.新千歳空港行きの快速“エアポート”は,現行どおり5・6番ホームでの利用となる.
 1番線の廃止と2番ホームの幅員縮小により,新幹線高架橋を構築する空間を生み出し,2022(令和4)年10月から2027(令和9)年度まで工事が行なわれる予定となっている.

JR北海道,札幌駅11番ホームの使用を10月16日から開始

 また,9月30日(金)には札幌駅前の商業施設「パセオ」が営業を終了する.これは,新幹線高架橋工事やそれにともなう在来線高架橋の耐震補強工事により,パセオの主要設備(空調・電気・冷暖房・防災など)の撤去が必要となるため,商業施設として営業を継続することが困難との判断によるもの.商業施設としてなるべく早期の営業再開を検討するとしている.パセオの営業終了と新幹線高架橋工事により,高架下の通路やエスカレータに閉鎖となるものがある.

JR北海道,札幌駅11番ホームの使用を10月16日から開始

 新幹線駅舎ができる北6条⻄1丁目エリアでは,2022(令和4)年6月から新幹線高架橋工事に着手しているが,9月以降に北6条東1丁目エリア,12月以降に,北6条西5丁目・北6条西6丁目エリアにおいて新幹線高架橋工事に着手する.

画像はすべてJR北海道ニュースリリースから