鶴見線205系T16編成に「鶴見駅開業150周年」ヘッドマーク

access_time
2022年9月23日掲載
鶴見線205系T16編成に「鶴見駅開業150周年」ヘッドマーク

JR東日本では,鶴見線の205系T16編成に,鶴見駅開業150周年を記念するヘッドマークが,2022(令和4)年9月15日(木)から掲出されています.
 鶴見駅は,1872(明治5)年10月の新橋—横浜(現:桜木町)間の正式開業にともなって設置された駅で,2022年10月で150周年の節目を迎えます.
 ヘッドマークのデザインは,鶴見方先頭車(クモハ204-1106)と扇町方先頭車(クハ205-1106)で異なる図柄となっています.

写真:武蔵白石にて 2022-9-22
投稿:西村 雅人