養老鉄道で「桑名駅10号線復活1周年記念号」運転

access_time
2022年9月4日掲載
養老鉄道で「桑名駅10号線復活1周年記念号」運転

養老鉄道では,2022(令和4)年9月4日(日),西大垣—桑名間で,600系D02編成(602+552+502)を使用した団体臨時列車「桑名駅10号線復活1周年記念号」が運転されました.
 これは,JR東海,近畿日本鉄道との共用駅である桑名駅において,同駅自由通路の工事にともない,使用停止となっていた10号線が,昨年2021(令和3)年9月4日(土)に使用再開となってから本日でちょうど1周年をむかえるため,これを記念し,運転されたものです.
 編成前後には,異なるデザインの記念ヘッドマークが掲出され,西大垣方には「十号線出発」の文字が大きくデザインされたものが掲出されました(写真).車両撮影会や,車庫線での洗車体験,車内では,養老鉄道グッズや豪華景品などが当たる抽選会,実際に列車に掲出した記念ヘッドマークの入札販売など,内容盛り沢山のイベントが開催されたようです.

写真:養老—美濃高田間にて 2022-9-4
投稿:志摩 敬