東京メトロ,8月6日から有楽町線小竹向原—新木場間でワンマン運転を開始

東京メトロ17000系

写真:東京地下鉄17000系  編集部撮影  新木場車両基地にて  2020-8-11(取材協力:東京地下鉄)

東京地下鉄(東京メトロ)は,2022(令和4)年8月6日(土)から,有楽町線の小竹向原—新木場間において,ワンマン運転を開始すると発表した.

東京メトロ,8月6日から有楽町線小竹向原—新木場間でワンマン運転を開始

 有楽町線では現在,和光市—小竹向原間でワンマン運転を実施しているが,小竹向原—新木場間でもワンマン運転を開始することにより,有楽町線全線がワンマン運転となる.
 ワンマン運転実施区間では,ATO(自動列車運転装置)による自動運転を行ない,運転士が運転席に設置したモニタにより乗客の乗り降りの状態を確認しドアの開閉などを操作する.また,ホームドアに支障物を検知するセンサを設置し,車両とホームドアの間の安全を確認後に列車が出発するシステムを採用している.車両とホームの間が広く開いている箇所には可動ステップを設置し,乗降時の踏み外しや転落を防止する.
 車内で異常が発生した場合は,運転士または総合指令所の指令員が車内非常通報器(乗客との通話機能付き)により状況を把握し適切に対応するとしている.
 なお,ワンマン運転開始にともなうダイヤの変更などは行なわれない.

特記以外の画像は,東京メトロ提供